地域経済分析ツールの案内 生物予測に使えるかも

リーサス

地域経済分析システムなんてこんな便利なツールがあるようだ。昔は、小難しい計算しなきゃならんかった物が比較的簡便にシュミレーションできるようになったようだ。
 基ソースから途中の計算式等手を加えることが可能であれば従来GISでプレゼンしにくかったような物まで可能になる
地域経済分析システム→ほかに使う

|

昆虫館における取り組み事例 【多摩動物公園における取り組み】

動植物園等の公的機能推進方策のあり方について
平成 25 年度報告書 平成26年3月
環境省動植物園等公的機能推進方策のあり方検討会

https://www.env.go.jp/nature/report/h26-01/main.pdf

昆虫館における取り組み事例
【多摩動物公園における取り組み】

公的機能の強化?だとすると動植物園における公的機能とはなにか?だな

|

社会協力・教育・普及面で

社会には、いろいろな主義思想をもつ方々がいますが本日から天皇を中心に集まろうという勢力の方々も生物多様性へ未来を見て社会への普及・教育に参加していくことになる。是非 ご理解とご協力を

|

小笠原国立公園 世界自然遺産と生物多様性保全

小笠原国立公園 世界自然遺産を取り囲む実質的なバッファーゾーンの説明など筑波大の吉田先生が報告されている。もともと、世界自然遺産登録に向けた作業の中で大陸とは違いコアゾーンを保護するために海洋島らしい保全のあり方について検討したところ海域を含めて保護しなければならないという結論に至ったのでこのような範囲を設定している。外圧から陸域を保護するためにね

http://nc.heritage.tsukuba.ac.jp/?action=common_download_main&upload_id=638

|

オガサワラセセリを中心とした在来生物種保全連絡会議

2015年10月21日

オガサワラセセリを中心とした在来生物種保全連絡会議を作成

運用は、2016年9月1日を予定している。

|

おれだったらな

法改正などが今までの70年を見つめて直すのであれば、これから私たちはどのような行動が求められるかという部分でデモという実力行使(行動)はあり得ない。
 植村和彦ならば蝶を護り 植生管理をおこない国土の保全は生物多様性で国家1000年の計を図ろうとする

|

トロコイドポンプの特性

トロコイドポンプの特性
トロコイドポンプは内接歯車型ポンプで一定吐出量ポンプですが、実際には吐出量と圧力との関係は回転数が一定の場合は直線で変化し、圧力が皆無のとき吐出量は最大となります。
  駆動動力は圧力と直線的に比例し、圧力が最大のとき駆動動力は最大となります。従って吐出側を締め切ったまま運転することは、ポンプを破損させたり、電動機に過負荷を与えることになりますので充分注意する必要があります。

ちっとは、ネットで検索するとかなんかしてみろよ。ネットを有効に使わないのならネット要らねーだろって話だよ

|

生物種間の相互の関係性

昆虫と植物とかそれぞれの生物種についての関係性とかの話に発展しないなあ。鳥と昆虫の関係とかね、鳥は鳥ばかりだし、昆虫は昆虫ばかりだし 。楽しいか?特定種がいただのあーだこーだでもうそういう昔風の自然保護的な思考は、終わらせるべきだと思うよ。

いろいろな生物種が生息して全体でその範囲に生息している生物種をもっているんだよ。いい加減に分かれよそんなことぐらい

|

林業とじん肺

チェンソー使用時に簡易マスクを使用してみましたところ意外にも非常に小さな微粉(恐らく木屑)を捕集できました。いままで、作業時に僅かではあるものの粉じんを吸い込んでいたような感触があり どーしたものかと思っていたんですが、マスク着用して以来 そうした感触がなくなった。  林業とじん肺という関係性については不明瞭な部分が多いのですがいろいろな話も耳にする事が多いようなので自主的な装着を心がけた方がいいのかもしれません。

20150803042015080305




|

北海道地域野生動植物種保全のコミュニティー

北海道地域の野生動植物種保全に関する話し合いの場
千島列島と樺太も北海道地域に隣接し影響が多いため一つの地域として扱った

|

より以前の記事一覧