遊歩道の整備は自然公園外

自然公園内(世界自然遺産登録範囲内)の自然は貴重だよって看板ありますよね、んで立ち入ることのリスクについても表示されているわけです。んでね、まぁそういうところは使うのやめましょうって話なんですわ。
 ですので今後 遊歩道の整備等行うのであれば自然公園外でおこなうというもの。なお 自然公園外の自然はかなり劣化が激しいのでその点でも整備が必要であることは言うまでもない。
2016.11.17 植村和彦

画像は参考
2016111701

|

いい加減にしたらどうなんだよ

自然環境系事業とか
空港建設の話とか
農業振興の話とか
最近では、脇浜のステージ工事とか
どこから誰が話持ってきているのかとか いい加減気が付いたらどーなんだ? どこまで節穴なんだお前たちの目は?
島(村)内の連中 なんも分かっていないんだよね。
全部 植村和彦が話をもってきているんじゃないのか、黙っていれば分からないだろうなんて勘違いすんなよいい加減に

|

妻 明日香と嵐斗(らんと)です

2016100802
妻 明日香と息子の嵐斗です。どうぞ末永くよろしくお願いします

|

現状では、反対の立場だろう

都営住宅建て替えの話しがあるが現状では、反対の立場である。
そんなくだらない物をつくる余裕があるのであれば さっさと小笠原空港を建設し生物多様性に関する国際サミットを開催するべきである。

都住建て替え派って空港建設反対派だったんですね

|

共通認識について

共通認識
人類は人間だけでなり得ず、人類以外の蝶や植物と共に影響しあい地球に存在する。現在 蝶や蝶の餌となる植物の減少が科学者らによって警鐘を鳴らされて永らく時間が経過、我々人類は減少の危機に晒されているこれを我々は改善し蝶や蝶の餌となる植物を減少の危機から回避しつつ我々人類も共に繁栄していく
----------
野生生物というざっくりしたものではなくて 具体的事例なども含めて蝶と蝶の餌になる植物という風に改めた。野生生物であることになんら変わりはない

|

共通認識について

共通認識
人類は人間だけでなり得ず、人類以外の野生生物と共に影響しあい地球に存在する。現在 野生生物の減少が科学者らによって警鐘を鳴らされて永らく時間が経過、我々人類は減少の危機に晒されているこれを我々は改善し野生生物を減少の危機から回避しつつ我々人類も共に繁栄していく
--------
共通認識を作ろうという気運が高まっており 作成中です。この認識を基礎にいろいろ話しや政策などが定まっていくのだと思います。まだしばらくの間は加筆修正に応じますので締め切りまでにご意見等あれば直接 植村和彦までご連絡ください。

|

政治的な発言

植村和彦はほんの些細なことで怒り狂い容赦ない暴力を浴びせ続ける危険な人である。目を見るだけで怖い、姿が見えるだけで怖い、声が聞こえるだけで怖い

|

動物愛護の件

動物愛護の問題も犬猫のみならず他の野生動物にまで裾野を広げるような取組をしたいというような趣旨(本来の法律はそうらしいが)であれば生物多様性でも一部重なるところがあるので対応したく思うんですが.....

|

所有者の所在の把握が難しい土地 国土交通省

平成28年3月15日

所有者の所在の把握が難しい土地について地方公共団体等向けの支援を開始します

~土地所有者の探索や土地の利活用がスムーズに~

国土交通省より

所有者の所在の把握が難しい土地について地方公共団体等向けの支援を開始

|

小笠原空港建設と生物多様性サミット開催について

平成28年3月13日(日)
植村和彦が思うには、小笠原は世界自然遺産に登録された自然豊かな場所であり現在は蝶から始まる生物多様性を保全しようと取組がなされている。
まだ陸域内だけではあるが今後 空港の建設が済んだら保護規制を海洋部分にまで発展させ海洋における生態系の保全や生物多様性の保全を行いたく思う。
空港については、こうした自然保護との両立を行う為にも小笠原に於いて定期的に各国首脳らとの調整の場(生物多様性保全サミット)を開催したく思う。
これが早急に実現できるよう皆さんには、ご理解とご協力をお願いし直ちに行動に移してもらいたく思う
敬具

|

より以前の記事一覧