小笠原グリーン(株) 東京事務所を訪問

平成28年1月12日
東京は三田にある小笠原グリーン(株)の東京事務所を訪問しました。
何かぶりになる
全然変わってないなーって思いました。社長の鈴木光男にしても経理の横山さんも相変わらずそのまんまだった雰囲気でした。

 民主党議員らと多摩動物公園視察してきたとか、民主党東京都第三区総支部訪問し秘書の今村さんとお会いしてきたとか経団連に行って事務局次長と会ってきたいろいろ話をしてきたとか社長の鈴木光男と話をしてきました。社長いわく なんで民主党なんだ? なんでお前なんだと疑問符を沢山投げてきましたが、いろいろすったもんだあり 社長も民主党に協力してやれやとのお墨付きをもらって帰ってきた。

|

twittermap

http://www.demap.info/twittermap/

http://www.demap.info/tetsudonow/

|

年末年始の活動について

年末年始の活動について

12月26日~1月3日までをお休み扱いにしています。

このあいだに久しぶりに南崎へ行ってみたり 鮫が崎で観光客相手にザトウクジラのレクチャーを行ったりと余暇を楽しんでいる。まあ 花粉とか見つけたりして標本とか作ったりしているけど、お休みなので、その辺りは・笑

|

国立宮古海上技術短期大学校

で内藤誠治さんにお会いしてきました。船乗りの機関要員などを育成する教官を務めているようです。全電源喪失状態(ブラックアウト)から船舶主機関起動の教育に力を注いでいるとのことでした。大切ですね

2014121001

|

チョウセンアカシジミ

岩手県雫石町の天然記念物 チョウセンアカシジミの生息地という看板があるところへ行ってきました。地元の人とも蝶の話とかできました、最近は保護活動も下火になってしまいやや残念みたいな話であったモノの 庭木として餌木を植裁するなど先駆的な取組をすすめているとの話。

八幡平国立公園計画などの話もあるので是非 国立公園整備の中で蝶から始める保全について検討して頂きたく思う。

Img_3847

公園計画もそうだけど八幡平国立公園内を貫く県道の整備が終わっていなくこれのアセス実施で国立公園内動植物種一覧作成とそのデータベースを利用するなどして中央合同庁舎駐車場にでもですね盛岡or岩手生物多様性センターを作り多くの人が利用できる施設が必要ですね、あと餌木なども含めて東北地方や北陸などの植物データベースも未整備のようなので東北大の植物館収蔵品一覧(牧野標本館のような)ものも作って頂くとかひつようですね300~500億円ぐらいか?10年で。その後の公園外地域と農林畜水産も含めると 今から数えて30~50年程度で1500~3000億とかかなあ 滞りなくやれれば。

冬季の雇用対策にも在る程度消費されるだろうし 良いんじゃないのか?な

|

瀬戸内海国立公園

Img_3383


今年で110周年らしい。

とりあえず、歴史ある海域の国立公園という視点で見てきました。小笠原国立公園同様にですね諸島が形成されていまして大小さまざまな島があるんですね、羽を持った昆虫の類であれば四国側と中国側(本土)の間を容易に行き来しているのだろう的な気がします。また、里海保全の何かしらの参考となりそうなモノがないのかな?というコトも抱いて見てきました。

|

三重県農林水産部

Img_3282


Img_3283


三重県農林水産部みどり共生推進課自然公園班を訪れまして 2~3話をしてきました 内容的には
1.鈴鹿国定公園の範囲確認
2.紀伊半島の野生動植物種を保全しようと言う話
3.鈴鹿国定公園で何らかの稀少な蝶を見たという話

についてあれこれ話をしました。

|

高安自然再生の取り組み

大阪 八尾市のニッポンバラタナゴ自然再生活動が上京中にちょうどよいタイミングであり参加してきました。自民党員の畑中さん 地元での様々な調整ありがとうございました。

Img_3107Img_3101

 

 これからしばらくの課題は、如何に地域を巻き込むのかという点だとおもいます。期待しています




|

岩手県議会と盛岡市議会

内地滞在中に岩手県議会本会議初日が開議されていたので傍聴。その後、盛岡市議会事務局訪問し議場見学してきました。ゴマ煎餅おいしいですよ 盛岡のお土産に是非。

 

 岩手県には、三陸復興国立公園と八幡平国立公園があり八幡平国立公園の公園計画概要などを環境省盛岡自然保護管事務所に尋ねに行った。というのも八幡平国立公園内の県道が未開通になっていて どーなっているんだ?というところから端を発していて、では公園計画をと思ったらないので直接聴きに行ったということ。今、公園計画作っている最中であるという。

三陸復興国立公園では、メモリアルパークや月山などを見てきました。

 畜産・農業・水産・林業という順番かな?岩手県って。生物多様性とこれらの農林水系との整合性というか将来性などを思考するにあたり植村和彦的にこの方面の知識が乏しく知識を仕入れるために岩手県に行ったという経緯である。加えて岩手には、南部牛を由来とした短角牛という牛が生息(畜産・経済動物として)しているので 単純に考えると、過去の経緯などから外来種扱いになってしまうので整理が必要だねえということである。まあでも、見に行った感じでは野山に放牧されているというわけでもなく管理肥育(?)がなされており特段問題はないような気はしているものの、見に見えない問題も潜在的にあるのでその辺りどうするのかとか必要そうな気はしている。

訪問先:牛の博物館、北上市立博物館、農業科学博物館、岩手県立博物館、盛岡市動物園、小岩井農場など

Img_3885

|

議会活動 北海道

北海道議会で民主党 広田まゆみ議員に会い環境保全等についての話をしました。

|