« 平成28年8月1日(月) 蝶のモニタリング実施 | トップページ | 平成28年8月5日(金) 蝶(オガサワラセセリ)の保全のため植生管理を実施 »

平成28年8月3日(水) 板䚡類を観察

平成28年8月3日(水)
板䚡類を観察しました。
国や都は予算を支出するなどして保護・保全を執行しているようですが村単位では特段保護・保全に関する条例もあらず在来の昆虫類を保全している様子ではないようだ。村の議会の事情もあり恐らく執行部側から在来の昆虫を保全する条例が提出されこれを可決、以後 村がこの条例を基に自然公園内外の在来昆虫保全事業を行っていくことになると思われる。
 国・都は、この条例施行に併せ様々ソフト・ハード両方の予算措置を講じ地域の振興を図るようなしなければならない。
今後の振興の目玉は、小笠原空港を建設し 生物多様性国際サミットを定期的に開催することである。このサミットは、国家元首クラスでの環境保全に関する調整の場とす。
計画では、2030年には小笠原世界自然遺産の登録基準を生態系から生物多様性に登録し直すなどが予定されており公園内のみならず公園外の外来種駆除を初めとする実効的で効果的な保全事業が速やかに実施されることが必要であるとされている。

|

« 平成28年8月1日(月) 蝶のモニタリング実施 | トップページ | 平成28年8月5日(金) 蝶(オガサワラセセリ)の保全のため植生管理を実施 »

HBCMC」カテゴリの記事