« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

母島生物多様性保全管理センター 2016年3月活動報告

平成28年3月30日(水)
2016.03 活動報告
Hbcmc201603

|

植生管理

平成28年3月30日(水)
植生管理を行いました
2016033001

|

横浜植物防疫所へ連絡

平成28年3月30日(水)
3月23日の件 コレまでの経緯等を含め農林水産省 横浜植物防疫所へ簡単であるが連絡

|

畜産指導センターへ報告

平成28年3月30日(水)
3月23日の件について 畜産指導センターへ報告した

|

東京都病害虫防除所へ一報

平成28年3月26日(土)
東京都病害虫防除所へ一報した
3月23日の件で
支庁出張所へも連絡せんとな

|

動物愛護の件

動物愛護の問題も犬猫のみならず他の野生動物にまで裾野を広げるような取組をしたいというような趣旨(本来の法律はそうらしいが)であれば生物多様性でも一部重なるところがあるので対応したく思うんですが.....

|

所有者の所在の把握が難しい土地 国土交通省

平成28年3月15日

所有者の所在の把握が難しい土地について地方公共団体等向けの支援を開始します

~土地所有者の探索や土地の利活用がスムーズに~

国土交通省より

所有者の所在の把握が難しい土地について地方公共団体等向けの支援を開始

|

植生管理 林内整理

平成28年3月22日(火)
駆除伐採した物が林内に転がっているわけですがこれを細かくして積み上げたりと片付けをおこないました。この作業に数日要するかな?なんて見通しつけていたのですが思いの外早く終わってしまったw たまには、休んで家でノンビリ過ごしてみようかなあとか考えています。
ボランティア活動なのでそんなに気合い入れてやることでもないしね(^^;
2016032201

|

小笠原村立母島小中学校第41回卒業式出席(一般)

平成28年3月21日(月) 小笠原村立母島小中学校第41回卒業式出席(一般)

|

平成28年3月20日(日) 植生管理

平成28年3月20日(日)
植生管理を行いました、概ねいまのエリア内の難儀しそうな駆除木は駆除できた。
2016032001

|

植生管理

平成28年3月18日(金)
植生管理をおこないました
2016031801

|

公安調査庁ゲーム

公安調査庁のゲーム
試しにゲームで分析してみると植村和彦は、収集官分析官両方に能力があるとのことでテロリスト拠点調査ミッションでは、9点満点中7点で概ね良好な得点だった。
20160316012016031602

|

公安調査庁

平成28年3月16日(水)
公安調査庁に連絡をおこなった

|

植生管理

平成28年3月16日(水)
植生管理をおこない掛かり木処理をおこないました。
画像ないっす、カメラ持って行くの忘れた・笑

|

配付資料作成

平成28年3月14日(月) 3月25日に開催する西村まさみを励ます会で参加者に配る配付資料を作成中です。母島生物多様性保全管理センターとしてはこれこれこういう仕組みで生物の多様性を保全していきますというようなことが書かれている資料です。日本政物多様性保全チームは議会・政治研究団体なので現場方面の仕組みとかはまた別なのでそっちの名前は出さない。  前に当団体のステッカーを注文したしころへ相談したんだけどいや~ 注文から作成まで速いのなんのビックリだよ。電話して1時間もしないうちに刷り始める勢いだもんな・笑

|

植生管理

平成28年3月14日(月)
植生管理をおこないました
2016031402

|

小笠原空港建設と生物多様性サミット開催について

平成28年3月13日(日)
植村和彦が思うには、小笠原は世界自然遺産に登録された自然豊かな場所であり現在は蝶から始まる生物多様性を保全しようと取組がなされている。
まだ陸域内だけではあるが今後 空港の建設が済んだら保護規制を海洋部分にまで発展させ海洋における生態系の保全や生物多様性の保全を行いたく思う。
空港については、こうした自然保護との両立を行う為にも小笠原に於いて定期的に各国首脳らとの調整の場(生物多様性保全サミット)を開催したく思う。
これが早急に実現できるよう皆さんには、ご理解とご協力をお願いし直ちに行動に移してもらいたく思う
敬具

|

植生管理

平成28年3月10日(木)
植生管理を行いました
2016031002

|

部分日食

平成28年3月9日(水)
部分日食を10:50頃観測しました
12718116_975683232516166_7956736014

|

東京・四ッ谷の地域政党サミット 出席したときのようす。

平成28年1月31日 東京・四ッ谷の地域政党サミット

第三回地域政党サミット in Tokyo ダイジェスト

ちっと遅れて会場入りし 新幹線の都合で中座したんですね。エラく目立ってしまいました・笑 サミットの内容自体はとても楽しく笑える壺がたくさんあって良かったですよ。1:08:00~2:19:00ぐらいまで

|

母島の持つべきポテンシャル

某会議室に投稿した植物の遺伝的な変位量ですが、カバノキ属ですと北海道~中部地域という2000キロ程度の範囲で3系統群に分けられるわけですが母島の場 合はカバノキはないものの他の植物でたった数十キロの小さな島なのにもっと遺伝的な変位量があったりするわけです。なので植栽等には、いろいろ気をつけな ければならないということなんですわ。大陸換算で数千キロも必要な変位量が下手をすると数十メートルの範囲でダイナミックに変化しているんですね。これが 母島の持つべきポテンシャルなわけです、これを保全しようと言っているわけ。

|

植生管理

平成28年3月6日(日)
植生管理をおこないました
蔓が絡みつき倒れてくれませんw 手で押してみたけどやはり倒れない・笑 周囲をよくみたらとても些細なことで引っかかっていた。
2016030601

|

植生調査 葉の形態的違い

平成28年3月2日(水)
植生調査をおこないました。
アカテツという植物が保全範囲に優占しているんですがこれの葉の形状に興味を抱いたので計測しに行ってきたというモノ
首大の牧野標本館行くとアカテツ標本沢山ありそれぞれ違いがあるのがよく分かる多様性といえば多様性があるんでしょうねアカテツも。良いデータ取れました
7個体のデータを採取し都合数タイプの物があることが分かりました
201603020220160302032016030204

|

蝶類のモニタリング

平成28年3月2日(水)
蝶類のモニタリングをおこないました
2016030201

|

西村まさみを励ます会

2016年3月25日
西村まさみ議員を励ます会を開催する発起人の日本政物多様性保全チーム 会長 植村和彦です。全国 都道府県議会を訪問しやはりこの人しかいないと私は考えています、西村まさみ君を励まし応援したい、生物多様性に関係する諸君らの参加を期待する。
12790877_1084101994986978_762457167

|

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »