« 植生管理 | トップページ | 政治の流儀(仕事の仕方) »

動物園の取組 (財)東京動物園協会

動物園で展示されている動物は基本的に動物園の外から採集するなりして集めてきて展示しています。これを教育や普及目的で展示するのですが元々の生息地の 個体らが絶滅したりすると商売あがったりになってしまうw この点、他の動物園では基本的に何もしていない 人工繁殖に力点を置くぐらいでほかは何 も....。多摩動物園に隣接する野生生物保全センターというところでそれらの問題を解決するため生息地の保全に向けて取組が始まった経緯がある 意義的 にはその生息地を保全する取組が結果的に世界自然遺産登録へと向かったのは大変大きい。

少し前に江戸川区議会議員から区内動物園予算を精査したいので動物園についての知識を蓄積したいというような相談を受けた。関係する機関等に連絡し必要な 情報の提供をするよう連絡はした。その後現在私人となっているが相変わらず動物園に関して勉強したいという意思があるようなのでこのたび内地の上京に併せ て動物園を見学しにいかないかと誘ってみました。
 この件 区内の都議さんにも平行して連絡していたので上記の件も連絡していましたところ公人か私人かは現時点では伏せるとして行くことになりそうです。となると公人で行くとなりますと建設局の職員とか着いてくる可能性が高い。
 幸い、植村和彦は2006~2008年まで国事業 オガサワラシジミ保護増殖事業立案に関わっており動物園における累代飼育を受け持っていた多摩動物公園さんを訪問するのがいいだろうと考えている。

|

« 植生管理 | トップページ | 政治の流儀(仕事の仕方) »

地域」カテゴリの記事

生物の多様性」カテゴリの記事