« マレーズトラップの片付け | トップページ | 植生管理 »

在来生物を中心とした生態系保全へむけて

平成27年12月20日(日)
小笠原群島の生態系を構成している生物相別の開拓者(鳥は誰々とか虫は誰々とかという意味)がそれぞれいるんだけど生態系の底辺動物つまり土壌動物について先駆者は過去にいたが現在はいないので土壌動物についていろいろやれたらいいなぁとか考えています。
 土壌動物と一口に言ってもとても幅広いのですが植村和彦としては、サワダムシという捕食性の土壌動物と固有植物の関係とかみていくことできたら面白そうな気がしている。
 土壌動物を保全するような取り組みに至るまでには、現状の「オガサワラセセリを中心とした在来昆虫保全」や「在来生物保全」というレベルを「在来生物を中心とした生態系保全」というところまで引き上げたく思う。

|

« マレーズトラップの片付け | トップページ | 植生管理 »

HBCMC」カテゴリの記事

オガサワラセセリ」カテゴリの記事

生物の多様性」カテゴリの記事

陸上班」カテゴリの記事