« 灯火調査 | トップページ | 植生管理 »

小笠原国立公園 世界自然遺産と生物多様性保全

小笠原国立公園 世界自然遺産を取り囲む実質的なバッファーゾーンの説明など筑波大の吉田先生が報告されている。もともと、世界自然遺産登録に向けた作業の中で大陸とは違いコアゾーンを保護するために海洋島らしい保全のあり方について検討したところ海域を含めて保護しなければならないという結論に至ったのでこのような範囲を設定している。外圧から陸域を保護するためにね

http://nc.heritage.tsukuba.ac.jp/?action=common_download_main&upload_id=638

|

« 灯火調査 | トップページ | 植生管理 »

専門家」カテゴリの記事