« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015.04 活動報告

2015.04 活動報告

Hbcmc201504

|

ステッカー届く

2015042905

5年間ほど使い込んでいたステッカーを新しくしました。

|

植生管理

2015042904


2015年4月29日 植村和彦です
オガサワラセセリが極端に減少し日常的に観察する事が極めて難しい状態が続いています。そんななかセセリの保全のために植生管理をおこないました。

|

花粉と微少昆虫

2015年4月29日

 昨年 カミキリモドキの胃内容物から食性について調べていたんですが、いろいろな花粉を食べている事がわかった。当然ながらそれに応じていろいろな花粉を集める事が出来た、そんななか花粉集めしているとその花には小さな昆虫類が付着していて まーもったいないし 折角だからということでこれらの微少な昆虫もセットで集める事にしてみました。
 調べてみますとどうやらアザミウマという種類の昆虫らしい。今日は、このノゲイトウの類からいろいろ採れました
 ...
それにしてもオガサワラセセリが少なすぎるな

2015042901


2015042902


2015042903


|

植生調査と土壌動物調査

2015年4月27日 植生調査と土壌動物調査をおこないました。画像は植生調査中のようす2015042701

|

花粉標本 トウダイグサ科クロトン

2015年4月26日 トウダイグサ科のクロトンという観葉植物が咲いていたので花粉標本を作ってみました。

2015042601

|

植生管理

2015年4月25日 植村和彦です
植生管理をおこないました。

2015042501

|

ステッカー完成

ステッカー完成 かなり良い出来です

夜間は、クルマのライトなどで光ります

201504230811124546_351475001711187_1310552302





http://designrymm.webcrow.jp/ デザイン・リィムさんへ製作をお願いしました

|

テッポウユリ

散歩していたらテッポウユリが咲いていた

201504230420150423052015042306


2015042307

アマリリスの花粉形状とは随分と違いがあるんですね。花の形は似ていても







|

流れ星観測

流れ星を観測しました

|

灯火調査

灯火調査をおこないました

20150423012015042302


2015042303




|

植生管理

2015年4月21日 母島保全センター 植村和彦です。
植生管理をおこないました。帰りにオガサワラススキをチェックして帰ってきました。

20150421012015042102




|

多様性保全と国土保全対策

こういうの駆除したりする多様性保全のための用地として転用するなりそういう場所として供するのなら固定資産税の減免農地並みか農地以下や相続税の割引とか免除とか特例があるようにしたらいいんじゃないのかなとか思う。 税収減分は消費増税ではなく 建設国債のような国土保全債みたいなものを作り補填するか防衛費などを削減し補填するとかできたらいいなあ。もともと消費増税でこれに充当しようと考えていた節があるものの まったくそういう話にならず現在に至っていて、これでは増税の意味がない。ならばもう消費税増税はもちろん消費税も不要で廃止してもいいんじゃないのか?とすら思う。

 なお、国税庁には外来種対策は環境省へご連絡くださいとの回答を事前に得ているのでこの件 国税庁の理由は通用しないと思う。

|

農と生物多様性の整理について

これは国が定めた指定有害動物一覧(55種)であるので これとは別に各都道府県で定めた指定有害動物があるのだと思う。チョウ目の保全から始める生物多様性保全を行うのであるから、農業振興地域とその隣接する範囲にあってはザックリとした考え方としては、国と都道府県が指定した指定有害動物(チョウ目)を除外した種の保全を行うというような整理・考え方である。
http://www.maff.go.jp/j/syouan/syokubo/gaicyu/g_yosatsu/index.html

|

植生管理

2015年4月17日 母島保全センター 植村和彦です
植生管理をおこないました

2015041702

|

生物多様性の整理点

1.農業害虫ではないチョウ目(昆虫)を増やす(保全する)ことで農業と生物多様性を両立する
A.亜熱帯農業センターで把握している小笠原域内の農業害虫の一覧などの普及啓発
B.一覧以外の農業害虫を発見した場合の対処方法(対応)の普及とその体制整備(役所側)
C.普及される側は、農業者と限定せず農地の近隣住民も含めて行うのが望ましい。...
D.近隣住民は農業害虫に利用されないような庭の植木に変えたり、農地近隣の植生管理(雑木林やその他空き地 雑種地)などの各種作業維持に協力等する



2.都市公園など住宅地(農業地域以外の)では、生活害虫(不快害虫・衛生害虫)ではないチョウ目(昆虫)を増やす(保全する)ことで公衆衛生と生物多様性を両立する

|

ステッカーの校正後原案

11100316_348856338639720_1090283204

ステッカーの校正後原案 これに少し修正を加えて製作へ
将来 右側の草むらから木を生やし 芋虫を這わせようと思っている。

|

ステッカー案

ステッカーの案がまとまりつつあります。

2015_01

|

巻き枯らし個体の測定

2015年4月13日 小雨降っていたため植生管理(駆除・伐採・枝払い等)をおこなわず 巻き枯らし個体の測定などをおこないました。

2015041301

|

twittermap

http://www.demap.info/twittermap/

http://www.demap.info/tetsudonow/

|

ステッカー

既存(2010年作成)ステッカーを新しく作り直そうと考えています。 イソヒヨドリとオガサワラトカゲそれになにか植物をあしらったデザインにしようと考えています。

20150412022015041203




|

ヨーグルトの塗抹標本

ヨーグルトの塗抹標本を作ってみましたが 染まり具合がイマイチでした
それと倍率が...

2015041201

|

植生調査

2015年4月11日 母島保全センター 植村和彦です
外来植物(樹種)の植生調査をおこないました。

2015041101


2015041105




|

北海道地域野生動植物種保全のコミュニティー

北海道地域の野生動植物種保全に関する話し合いの場
千島列島と樺太も北海道地域に隣接し影響が多いため一つの地域として扱った

|

植生調査

2015年4月9日 母島保全センター 植村和彦です。
植生調査をおこないました。外来樹種の把握です。
 民有地なども多様性保全等に転用するのであれば農地もしくは農地よりも固定資産税率を減免するなどなにか策が必要な気がしている。

20150409012015040903




|

花粉標本

柑橘系植物が開花していたのでこれを採取し花粉標本を作製しました

20150407042015040705




|

モニ1000

モニ100をおこないました

2015040703

|

灯火調査

2015年4月6日 灯火調査をおこないました

2015040601

|

植生調査

2015年4月5日 母島保全センター 植村和彦です
駆除対象木の位置等計測するため植生調査をおこないました

第1区画を対象にした調査で本日だけで約130本 まだ全部終わっていませんが残数約50~80本ぐらいありそう。現状のペースで駆除していっても当初見込み通り約5年かかりそうだ。

2015040501Image2







|

潮間帯生物

2015年4月2日 母島保全センター 植村和彦です
潮間帯生物をチェックしに行ってきました

|

植生管理

2015年4月1日 植生管理をおこないました

2015040101

|

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »