« もう潮時でしょう | トップページ | 植生管理 »

自宅 花壇改造後そしてモニタリング

2010年頃に自宅家庭菜園を撤去しその後 当時 環境回復植物として扱われていたオオバシマムラサキやオガサワラススキなどを移植し現在の花壇が構成されている。その後 いろいろなモニタリングを実施してきたが、植え込み面積が少ないとかの問題かなぁ? これといってなにか明確に環境が変わったというめざましい変化は感じられていない。2013年4月から現在も継続している土壌動物トラップ、もうすぐ足かけ3年になろうとしている。

ザックリ言うと、花壇という小さい環境であるというのがネックになっているようで様々な土壌動物が安定的に採取できていない。年間の傾向としては、そこそこ採れているので間違いはなさそうだけど、地域の環境を改善するまでには至っていないような気がしている。

|

« もう潮時でしょう | トップページ | 植生管理 »

HBCMC」カテゴリの記事

陸上班」カテゴリの記事