« 透明度計測 | トップページ | 不在地主対策から国家のあり方を考える »

紀伊半島自然環境保全地域(試し案)

 先日、紀伊半島の自然環境を保全する場合どうすれば良いのか?という話になった。なったのはいいがそもそも紀伊半島の自然環境を保全しようとした場合のその範囲は、どこから辺なのか?という話になり幾つかの声を聞きながらこの画像にあるようなものを作成してみた。

一般的には、中央構造線の南側を紀伊半島と呼ぶらしいが信州方面から鈴鹿山地を越えて紀伊半島へ定着してるらしいものの鈴鹿山地の自然環境保全が進んでいないため+紀伊半島の自然環境保全がよろしくないために多くの種が絶滅したらしい。そこで今回このような考えをまとめるにあたり、鈴鹿山地も紀伊半島自然環境保全範囲に含めないことには、紀伊半島の自然環境保全は達成されないとして鈴鹿山地も含めたものとした。

Image1

なおまだ試し案であるので変更される可能性がある。

|

« 透明度計測 | トップページ | 不在地主対策から国家のあり方を考える »

専門家」カテゴリの記事