« 植生管理をおこないました | トップページ | 苗は、産業課の範囲みたいね »

森は常緑だけど夏冬で見た目が変わるよね?ということで

2005年の話しですね 企画したのは、2004年ぐらいだったと思う 基本的に小笠原の植物は、常緑なので夏と冬で色合いとか変化していない筈なんだけど、なんか(森の)見た目に変化があるわけだが、どういう風に変化があるのかがよく分からなかった。で、いろいろ分からずとりあえずモクタチバナという植物について当時調べた物がこれ。  ただ、この時の反省点でも述べているが落ち葉ではなくて枝についている葉を計測すればよかったなーと思っている。  要は、なにがどうかというと 夏と冬で着いている1枚1枚の葉の形状が微妙に異なり それが全体(森という規模で)で視覚的に変化として捉えられているんではないのか?ということ。

1 3

|

« 植生管理をおこないました | トップページ | 苗は、産業課の範囲みたいね »

陸上班」カテゴリの記事