« 公衆衛生分野で生態疫学的な部分 | トップページ | 物事の背景 »

鳥類調査ルート等設定

モニ1000というかいろいろ想いがあり外来樹種が入っている雑木林を仮にキレイに整えたら固有種・在来種の林になりそこには固有・在来の昆虫等を含めて100%完全には戻らないだろうけど元の環境を復元できるんではないのか?という想いがある。んで昆虫に関してはいろいろ(人手は限られるが)調べている物の鳥類をまだ調べていないのでモニ1000の定点調査マニュアルを参照しつつルート設定など現地を移動しながら調べてきました。

 都合6箇所の定点観察ポイントを設定し各10分間程度見て回る(2往復) 都合2時間ぐらい要する。意外に大変な作業 初年度は糞マジメにほぼ毎月のようにやろうと思うけど、翌年度以降は年に2回程度にとどめようと思う(他の業務もありこればかりに時間を費やしていられないので)

|

« 公衆衛生分野で生態疫学的な部分 | トップページ | 物事の背景 »

オガサワラセセリ」カテゴリの記事

生物の多様性」カテゴリの記事