« 2012年休暇 前半 | トップページ | 2012年休暇 中盤 まだ北海道にいます編 »

2012年休暇 中盤

新潟港からフェリーで苫小牧へ移動。6月だというのに気温は、小笠原の真冬並みの気温。船かせ下船するのを躊躇うような様子です。
2012081211隣(hbcmc)のブログでも使わさせていただいています、サルモネラ菌の電子顕微鏡画像使用でお世話になりました札幌市衛生研究所へ見学希望の旨打診し見学させてもらいました(原則、札幌市民のみ) 衛生のみならず大気・水質・食品からほぼすべての項目を扱われているようです。※全国に衛生研究所という施設は、たくさんあるのですが見学をさせてくれるところは、ほとんどない。札幌市衛生研究所は、市民に開かれた衛生研究所として今後も発展していくだろうと思いました。

2012081213昨年の春国岱訪問時に札幌の環境事務所で紹介された苫小牧市のウトナイ湖(ラムサール条約登録湿地)に行ってきました。
2012081214湖畔で水鳥を観察しているようなイメージ。というか鳥は、あまり詳しいこと分からん、二本足で翼をもっているというぐらいの知識しかない・笑 ウトナイ湖でも外来植物などの課題があるようで遊歩道沿いに植生管理を行ったような形跡がちらほら見られた。でも、外来植物の問題を前面に出したいなら鳥で押さない方がいいと思う、なぜなら観察するときに双眼鏡で遠くをみるスタイルになるため目の前の課題に気が付かなくなるからね。
2012081215 ウトナイ湖訪問に関して環境省野生生物課に連絡入れておいたんだけど 早い話が行っても何もないと言われていたんだよ。んで苫小牧自然保護官事務所前に行ってその意味がやっと分かった。その保護官事務所の隣にウトナイ湖野生鳥獣保護センターというのがある(中の人たちは、日本野鳥の会) チーフレンジャーの中村さんといろいろ立ち話してお決まりの写真をパチリ。
2012081216釧路湿原自然保護官事務所です。事務所入り口には、消石灰の袋が山積みしてあります。
2012081217でここにもビジターセンターぽいのがあってその中には、アホウドリの模型が展示されていたけど なんだってこんなところにあるんだ?カワイイので抱きしめてパチリです。
2012081218財団法人日本野鳥の会 鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリに立ち寄りましたが この時期は、タンチョウがいないので営業?はしていないのですけどレンジャーは、います。事務室の奥で作業していたお二人と立ち話のあと記念にということで牛田さん柴田さんと3名でパチリ。





|

« 2012年休暇 前半 | トップページ | 2012年休暇 中盤 まだ北海道にいます編 »

人獣共通感染症 Zoonosis」カテゴリの記事

内地でのお楽しみ」カテゴリの記事

生物の多様性」カテゴリの記事

陸上班」カテゴリの記事