« 2012年休暇 中盤 | トップページ | 2012年休暇 終盤 道東訪問終えて本州へ移動編 »

2012年休暇 中盤 まだ北海道にいます編

2012081219でまだまだ北海道に滞在中です。旅館に行く途中 阿寒湖に立ち寄りました。別に行って何をするというわけでもないんですけど、到着したらすぐさま観光船にのって「特別天然記念物阿寒湖のマリモ展示観察センター」ってところを見に行ってしまった。どーにも俺的にこりマリモの問題って引っ掛かるのがあって こういうところに来るのもなんだかなーと思っている。いや、マリモを保護していこうという活動などには、敬意を表したいし あれなんだけど うーん。
阿寒湖のマリモでエライなーって思ったのは、マリモで100年近く食っているという部分でしょうか。
2012081220川湯自然保護官事務所で中原自然保護官にお会いして 広大な範囲をお一人で受け持っているとかいろいろ話を聞いたり小笠原では、レンジャーが沢山いるんですよねみたいな話をしたりした。
2012081221保護官事務所の隣に川湯エコミュージアムセンターというのがあって(中の人たちは、一般財団法人自然公園財団のひとたちです)山口さん藤江さんから丁寧な説明などを受けました。ありがとう。
このエコミュージアムへは、都合2回(道東入りした初日と道東最終日)訪問、こういう施設を訪問し各地を訪ねて再びここへ来ると この中に展示してある事柄についてより深く分かるようになっていると同時に再び訪れたいと思うようになった。
2012081222知床世界遺産センターです。展示物に偏りがあるんでは?と思うような印象をうけた。
2012081223知床峠です。この日は、霧の摩周湖も霧がなく全部見渡せました、知床峠からも海を隔てた各種小島が見えました。この距離であれば羽をもっている生物種は、自由に行き来しているんだろうなあと思いましたね。
2012081224釧路市内からほどなく行ったところに春採湖(はるとりこ)ネイチャーセンターがあります、昆虫類などもしっかり展示されていてよかったです。

2012081225釧路市立博物館にも行ってきました。絶滅を免れた昆虫たちという展示ステージでは、いろいろ考えさせられてしまいました。

2012081226道東の昆虫に関して 釧路昆虫同好会がありまして、滞在中 急きょご連絡をし道東の昆虫などの書籍を購入。写真の笑顔が素敵なおじさんは、釧路昆虫同好会事務局の中村さん(文房具店を営んでいらっしゃる)僕も楽しい書籍をゲットできて笑顔です。北海道で一番楽しい瞬間だったような気さえする。

2012081227道東の旅館として「屈斜路湖荘」を選択しました。温泉もいいしステキです、次回も利用したい。























|

« 2012年休暇 中盤 | トップページ | 2012年休暇 終盤 道東訪問終えて本州へ移動編 »

人獣共通感染症 Zoonosis」カテゴリの記事

内地でのお楽しみ」カテゴリの記事

生物の多様性」カテゴリの記事