« 公園範囲外で保全活動するのなら | トップページ | 公園範囲外での保全 そして持続可能な開発へ:新しいステージへ »

公園範囲外で保全活動するのなら

自然保護地区ないでは、考えられない事柄が公園範囲外では起きるかもしれません。
保護地区内には、基本的にヒトが住んでいないので 対策を行う時にあまりヒトへの影響とかを考えなくてもいいからです。ところが普通地域では、ヒトも住んでいるし 各種の開発もあります。
 よくある事柄ですが、各種開発行為に対して反対(開発計画そのものを頓挫させるような風潮)することが保護していることになる という意見があったりするんですが、環境の保護・保全と開発は、原則 相反するものであっても言っている役所が違う、また別の事象から 目的から発生した理由であって 安易な反対とかは、避けたいものです。
 保護・保全を行うのであれば 中立的な立ち位置になるのが自然なのではないのでしょうか。また、開発する側からも保護・保全へは、中立的な立場になるのが自然ではないのでしょうか。

 しかし、個人的には 開発を伴う 環境の保全というものが可能ではないのかという気がしています。

|

« 公園範囲外で保全活動するのなら | トップページ | 公園範囲外での保全 そして持続可能な開発へ:新しいステージへ »

地域」カテゴリの記事