« 懸垂降下ほか | トップページ | 植生管理 »

チリで地震

2010年2月27日15時頃にチリ中部沿岸で発生した地震について知人から19時頃連絡があった。→これの知らせを受けて島内数名 島外主要メンバーに情報送信。

2月28日9時30分頃 村の防災無線で津波警報発令と高台避難を促す 放送。

2月28日9時40分頃 村の防災無線で避難の準備を促す放送。

2月28日9時50分頃 村の防災無線で津波警報発令中のためははじま丸は沖合に避難をするので乗船できないとの放送。

2月28日10時00分頃 村の防災無線で消防団に招集が掛かる。

2月28日10時10分頃 村の防災無線で消防団に招集が掛かる。 

2月28日10時15分頃 村の防災無線で避難所開設の知らせ。おがさわら丸・ははじま丸の運行についての知らせがあり(津波警報解除後安全が確認されてから運行再開との見通し)

2月28日 13時30分頃の母島沖港のようす2010022802NHKから電話があって 南鳥島では、津波が観測されたが 母島では、どのような状況でしょうかというような電話があった。海岸付近にヒトがいる様子はなく、避難所も開設されて そこに避難されているんじゃないのか。僕は、避難所よりも高台に住んでいるので わざわざ下に降りて避難しようとは、思わないので自宅にいるんですね。ここなら海も見えるし。 というような事柄を喋った。それと、主要な施設(発電所・浄水場・し尿処理場など)は高台に上げるなり移設(大きな堤防でも構築し その堤防体の中に施設を作るというのは、どうだろうか)するなりしないと、今回この規模であるからいいけど・・・・。

2月28日 13時40分 海上保安庁の航空機(固定翼)1機が飛来Photo

2月28日 15時30分ころの母島沖港の様子201002281530 2時間ほど前までと比べるとだいぶ海面が上昇したようだ。海岸線付近の漂着物も浜のより高い位置へ移動しているように見えるので 第一波よりも以降の波のほうが高いのかもしれない。村の防災無線では、サイレンが鳴り 警報発令中である旨 放送があった。

2月28日 15時55分頃の母島沖港の様子201002281553 下げ潮になり河川に入り込んだ海水が海域に戻っていくようす。

 その後 夜間、母島だけ警報解除という妙な防災無線があったり おがさわら丸の出港時間だけが先行して放送されたりといろいろあった。

2月28日 19時45分頃 防災無線で母島は、津波警報解除との放送があった。

2月28日 20時頃 防災無線でおがさわら丸3月1日0時出港の旨 放送(10時15分ころの放送と言っていることが随分と・・・・と思うのだけど???)

2月28日 21時30分頃 防災無線で避難所閉鎖と津波警報から津波注意報に切り替わった旨 放送

3月1日 6時30分 津波注意報が発令されている。

3月1日 10時15分 津波注意報解除

 まあ なには、ともあれ人的損害が発生しなくて良かった。東南海地震などを想定した日頃からの訓練の成果がある程度反映されたのではないのだろうか。避難所に籠もると海岸の様子が分からず 不安が募る、普段は観光地として利用し 災害時は、そのまま安全に地域を見渡せる場所があったりすると 突然やってくる津波などにも対応し易くなるのでは などと思う。最近の環境意識の向上もあり 単純に避難場所や観光地として整備するのではなく、常時は在来生態系保全を中心とした活動地として置きその中に観光地であり災害時の避難先としてその場所の普及啓発などを周知するというのは、いかがだろうか。ヒトを含めた生態系の保全ってヤツですね。

|

« 懸垂降下ほか | トップページ | 植生管理 »

水域班」カテゴリの記事