« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

植生パトロール

昨日に続き 植生パトロールを行いました。これで全体量の4分の3は、完了。残りは、来週以降ですな。2010013101

2010013102  細菌じゃなくて最近、僕の帽子に青いチョウが止まっていますheart

|

生物記録件数

 とりあえず今月(30日現在)集まった報告件数は、49件であった。
そのうち 真正細菌と原生生物界が1件ずつあり 他は、全て動物界の生物であった。

|

植生パトロール

 植生パトロールを行いました。先週言っていたものを探しに行ったんですけどね とりあえず今日の調査では、見つけられなかった。2010013001

|

植生管理

 チョウの生息地で植生管理(除根)を行い、吸密植物などに関する設計をおこなった。

 また、鋸刃の交換をした。

|

植生パトロール

植生パトロールをおこないました。

2010012301

 野生個体でも似たようなことが起きるのだろうか・・・・と考えつつチェックです。来週は、山間部の個体も点検しにいってこようかな。

|

苗畑点検

 先日 苗畑を点検していた際に通常 対生で2つの葉柄がついているものがノーマル(?)なのだが3つの葉柄が付いているモノがあり 全ての苗について急いで点検を行った。

 詳しいことは、不明であるが 内地に常駐している専門家(首都大 牧野標本館)に連絡を取るなどして対応した。

|

真正菌類

 母島 外来種トカゲから真正菌類の一種が検出された。

 野生動物を扱ったり 手で触ったばあいには、手をよく洗いましょう(^^)

|

植生管理

 チョウの生息地で植生管理(除根作業)をおこないました。

2010011601

 ヘルメット、ツルハシは、(財)東京動物園協会からの援助により購入。スコップは、(財)自然環境研究センターから寄贈されたもの。

 

 

|

試練

 ある意味・・・・試練みたいなもんだな。

 どうすることもできないだろうけど、お手上げというわけでなく環境を改善し より悪化させないようにしていくというコトぐらいしか 今のところ、思い浮かばない。幸い 在来の昆虫を中心として生態系全体を保全(在来生態系保全の一歩手前)しようという機運があるので そのなかで、外来生物を駆除したり 在来の動植物を増やすような活動でもして 環境をきれいにしていく そして、今ある試練を乗り越える みたいな感じかなあ。
 この場合、天然記念物であるとか 絶滅危惧種であるとかは、まったく関係ない。

 地域には、人が棲息(?)しているんで野生生物の保全と社会学的なアプローチとか、診療所とか保健所とかそうしたものがうまく連携しあっていかないと ちょっとムズカシイかも。

|

生物(動物)発見データベース

「hahajimabiorec.doc」(連絡用のひな形)をダウンロード さまざまなタイミングでいろいろ生物を見たり・聞いたりするわけですが その記録(レコード)の方法というと 結構なかなかいい加減で過去ログを検索するのに途方もない時間と労力を掛けることになりがち。
 このあたりを先日 いろいろやっている人と打ち合わせして データベースを作ろうという方向になり、これからぼちぼちやって行く。

 いろいろ先行してさまざまな事柄を調査しているんで まあ大変ですよ。

 もし 母島へお越しになって なにか生物(動物)を発見などした場合は、このメールアドレスまで発見した生物(動物)の画像、種名、撮影した場所と日時、連絡者を明記してご連絡していただけると大いに助かります。

 いただいた情報は、在来生態系保全に反映されます。

|

植生パトロール

 植生パトロールをおこなった。

|

小枝トラップ

 小枝トラップの点検をおこなった。

|

平成21年度冬期 全国星空継続観察

 晴天に恵まれた今夜は、平成21年度冬期 全国星空継続観察を母島沖港前浜付近で実施しました。天頂付近の★を観察するので枕が必需品ですねeye
Photo  
 観察中のようすなど。よく見えましたよ 眩しいぐらいに。

 こうした身近な場所から観察できるのって素晴らしいことです。

|

日没観測

夕方 晴れていたので水平線に沈む太陽を分光器で観測しました。

2010010501

太陽光の分光。

2010010502

分光器をカメラを合体(?)させて撮影しているようす。

 シャッター速度と絞りなどの撮影条件を一定に保ちつつ日没前後を撮影すると なにか分かるかもねsun

|

バードウォッチング

 鳥類の観察をおこなった。

|

苗畑点検ほか

 苗畑の点検などをおこないました。

|

植生管理

 チョウの生息する場所で植生管理を行った。

|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »