« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

生息調査

 ということで(意味不明)生息調査をおこないました。
 ついでに海岸部へ寄り道しまして いや~、水がひんやりして冷たくて気持ちよかった。
2009062801 2009062802  

 
 
 
 
 
 
 

 こういう時は、サンダルがいいね。うーん、気分が充足されるw

 こうして、海洋から精神的なエネルギーを補給します(ウソ)sun

|

植生調査

 今日は、植生調査などをおこないました(ここのところ こればっかり ちょっと、退屈してきた)で、珍しく ウラナミシジミがいました。

 このチョウは、僕が調べてみたところ 南の方から季節と共に発生域が北上し 秋の中盤頃 島からいなくなる という繰り返しのような気がする。飛び方がオガサワラシジミに似ていて 僕的に、観察していて飽きないんですけど(^^;

 たぶん(推測) 母島では、冬を越せないのではないか? もっと南の方にある属島やグアム・サイパンなとどいったところで発生したものが 飛んでくるのかもしれない。と言っても 外国まで行って調べてられないし・・・・。きっと 母島の近場に通年発生している場所があって そこからフロンティア精神旺盛な個体が飛んでくるのかもしれない。

 そういえば、最近 セセリ見ないな。あれも どこ行ったんだろか(謎)

|

植生調査

2009062403 夕方、植生などの調査をおこないました。

 帰って来る頃には、日もどっぷり暮れていた。

|

懸垂降下の練習

 シングルロープでの懸垂降下(斜面を上り下り)する練習をおこなった。

|

調査活動

 さて、今日も調査です。
 各専門家の調査場所がそれぞれ違うので 各所の調査地区をハシゴしました。

20090621


芋虫の背中になにやら卵を載せている個体を発見した。詳しいことは、いまのところ不明。

|

植生調査

 今日は、内地からお越しの専門家に同行させていただき 調査をおこないました。
20090620

|

父島と母島のあいだ

 次のお題は、父-母間の過ごさせ方でしょうね。船で2時間ちょっとかかるわけです。

|

小型GPS

 最近といってもここ数年なんだが、乾電池を除いた重さ僅か39グラムという軽量GPSが販売されている。従来、背負子にアンテナくっつけてうんせうんせと運んでいたりしたが そんな煩わしい思いをしなくて済むようになった(^^)
Photo  
 こんな小さいの。小さいけど ちゃんと仕事は、してくれる。とりあえず 山中で道に迷うことはないので 地図画面は、要らないわけです。なにが必要なのかと言えば、その地点の座標が欲しいだけなので こんなタイプで必要十分というわけ。防水ではないが、これだけ小さければ 薄くて丈夫なビニール製などの袋にでも入れれば いいし。
 まあ、精密に測定を要する場合には、従来通りのモノを使いますけどね。

|

植生パトロール

 で、今日も植生調査です。いろいろと貴重な情報があったので 確認のため行ってきた。

2009061301 
 濃霧で遠くの見通しは、悪かったんですが そんな遠くを見るわけでないので特段問題なし。ですが、ここからちょっと下に降りなきゃならんのが大変でしたsweat02

 急な斜面で調査を行うので最近(自腹)8環などを購入。行動の幅が広がった。

|

モニタリング

 モニタリングサイトで準備をおこないました。

 今日は、地元のちょっと年齢が高めの方とご一緒に行った。
 うん、なんか いいね。

|

外来植物の影響

 ふーむ、外来の植物の影響は、海にまで及んでいるようだ。
 かなり意外だな。

|

植生調査

 植生パトロールをおこないました。
20090606 
 調査中のようすです。

 今日の調査地は、かなり敷居が高めの場所でして ザイルを用意して行きました。

 これから行くところは、とても大変です 皆さんしっかり付いてきてくださいね。

|

モニタリングをおこないました

 午前中 乾いた陽気だったんだけど、午後から蒸して 夜は、島雲と・・・・天候が悪くなっていく気配。そんななかモニタリングをやって来たcloud

|

普通地域を保全する人

 保護地区ないで各種の保全を行うのは、もはや当たり前のコト。これらの諸活動が地域に反映されていいころ。そろそろ普通地域でも独自の在来の生物を保全する人を任命し活動させては、いかがだろうか。

|

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »