« 植生管理など | トップページ | 灌水用水補給 »

島がなくなる!?

2009052001

2009052002


 同じ場所から時間を変えて撮影したもの。1つの画像が今朝7時前ぐらい もう1つの画像が16時頃だったかな。 携帯のカメラで撮影したのでちょっと分かりづらいんですが 今朝方撮影したものでは、島影が消えて無くなっているんですね。夕方には、元通りの風景に戻っているという違いがあった。
 原因は、よく分からなかったりするんだけど この時期稀に島に霧が取り巻くときがあるようで 今朝方は、属島にそうした現象があり あたかも島が無くなったかのように見えていたわけです。

 ひょっとして、島(陸地)と海洋(水面)だと放熱作用に違いがあって 島の周囲だけちょっぴり温度が低く 海洋から供給される暖かく湿った空気がそこで冷やされて霧になっているのではないかな なーんて考えていたりする。

 もしも、遥か大昔 幕府から命を受けた調査団が小笠原へやって来たときにこんな現象が起きていたら 今頃、どこか違う国の領土だったかもしれない「あれ?島がねぇーじゃん」とかね。

 んで、どうして母島は霧に包まれなかったのか(?)謎ですね~。距離にして4~5キロ程度の差しかないのだけど この違いがあるわけ。さて、なぜでしょうか。

|

« 植生管理など | トップページ | 灌水用水補給 »

気象観測班」カテゴリの記事

水域班」カテゴリの記事