« イネー科 | トップページ | 2009年台風1号:クジラ »

距離をおいて観察

Photo鯨類の観察を行いました。画像は、観察を行っている最中のようす。ちょっと海況が悪く 観察は、難しかった。

 生物と距離をとって観察したほうがいいと思う。鯨類は、比較的体長が大きく ボートなどで近寄らずとも観察できます。ヒトの影響をこうした生物に与えないがためにも 距離をとって接した方がいいと思う。肉眼で難しい場合には、双眼鏡などを使えば いいし。

 僕から生物を見る場合、その相手からも観察されていると思っていた方がいいかもしれません、少なくとも僕はそのように考えている。ひょっとしたら僕の影響が相手に伝わるかもしれません、そして観察対象からの影響を僕は受けます。 それがどのような結果をもたらすのか・・・・不明 ですから、距離をおいて観察し その場合でも静かに観察するとかの配慮が必要かもしれない かも。。。。

|

« イネー科 | トップページ | 2009年台風1号:クジラ »

水域班」カテゴリの記事