« 行事が多すぎ | トップページ | 植生管理 »

2008年度の活動 要点と今年度

 昨年度は、①生息地に物理的遮断機能をもった柵が誕生したことでアノール駆除に大きな1歩を踏み出すことができた年であった 併せて、域内の捕獲を実施したこともありアノールの生息数の問題は、かなり成果が出てきた。②柵成果確認のためモニタリングを継続して実施した。③挿し木、入り込み者対策、施設点検などでした。

 今年度は、①苗木生産・苗畑周囲環境改善 ②モニタリング ③アノール防除 ④施設点検 ⑤入り込み者対策 という感じでバランスをとろうと思います。

|

« 行事が多すぎ | トップページ | 植生管理 »

オガサワラシジミの会」カテゴリの記事