« 北九州市立自然史・歴史博物館 | トップページ | 新夕日ヶ丘:モニタリングサイト »

平成20年度冬季 星空継続観察:母島

 母島自然観察同好会 気象観測班では、環境省主催(窓口は、都環境局)の平成20年度冬季 星空継続観察に応募しまして 観察を開始しました。

 天気の善し悪しは、別として 手頃な観察場所が良いだろうということで 観察場所を母島沖港に設定。とても交通の便が良いところで ははじま丸を下船した場所から徒歩0分とアクセス的には、最高です。
 22・23日も天候に恵まれ いくつかの冬の代表的な星座や天の川を観察することができました。

 しかし、島の中心地であることなどから いろいろなことがあり よりよい星空を観察するためには、さまざまな問題があるようです。

|

« 北九州市立自然史・歴史博物館 | トップページ | 新夕日ヶ丘:モニタリングサイト »

気象観測班」カテゴリの記事