« お茶の水:湯島聖堂 | トップページ | 生物多様性センター:河口湖 »

東邦大学

20081208_3 えー うちの関係者がいます。で、昆虫の分類などを担当してもらっているのですが 実際のところどんなことをしているのかよく分からないので 見せてもらいに行ったというわけです。

 生物の多様性とか生態系とかいろいろ単語やキーワードがあるんですが 様々な生物を知るためには、さまざまなその分類をしていくことが重要なワケです(と思う) で、そーしたことを僕一人でできるわけないので そういう専門性を持ったひとたちと仲良くやって(依存)いくわけです。
 このあたりは、「現場のエネルギーと内地の頭脳とのほどよい融合」という言葉で表現していたりするんですが・・・
20081214 現場で採集したサンプル(標本)は、こうしたところに保管(液浸保管)されるわけですが ちょっと予算が不足気味なのかなって印象を受けた(大きなお世話かもしれませんけど・・・・)

 一通り見せていただきまして、夕方 セミナー(島で外部研究者が○○講演会とかやるじゃないですか あの口、というかあれと同じようなスタイル)があるというので参加。で、そのあとは、呑み という流れ。
 結局、なんだかんだこじつけつけて呑みに行ったみたいな感じだな・笑 楽しかったのでいいんですが。

|

« お茶の水:湯島聖堂 | トップページ | 生物多様性センター:河口湖 »

モニタリング」カテゴリの記事

専門家」カテゴリの記事