« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

植生管理:パトロール

 アカギが開花し始めたので伐採・剪定作業の優先順位を決めて若干計画的に作業をすることとなった。まずは、生息地のアカギ開花個体を探すため周辺も含めたパトロールをおこない 地図に印しをつけるなどの作業やりました。

| | コメント (0)

アカギ開花

 2006年秋台風で多くのアカギが何らかの損傷を受けた。おかげで昨年(2007年)は、ほとんどのアカギで未開花に終わっていたようだが 昨年の穏やかな天候で今年は、アカギも開花したみたい。

 この開花状態を放置しておきますと 何れ結実し大量のタネがばらまかれることになる。撒かれる方法は、鳥獣によるものや人為によるもの 大した移動距離ではないが風によっても撒かれる。2006年台風の教訓というわけでもないが 一度枝先を剪定してやれば2年間程度は、開花をジャミングできるつぅーことかもしれない、それとある程度太い枝を落としてやれば2年以上開花をジャミングできるようなので 駆除ではないがタネ散布妨害(外来樹木の健全林侵入抑止策)としては、有効な手だてかもしれん。

2008012701

| | コメント (0)

植生管理:タグ付け

 特定昆虫が好む餌木へのタグ(ID:個体番号札)付けを行いました。

| | コメント (0)

誇り

 稀少野生生物の保護・保全が叫ばれています。絶滅が危惧されている動植物を護るためさまざまな行動を起こそうと多くの人の知恵を結集しリアルな「今」を模索している。

 で僕ぁ こうした場所にいることをとても強く誇りに感じている。まぁ地勢的にいろいろ不便でちょっと日常を見てみるといろいろな問題が散在し課題も山積みでどこからなにに手を付ければいいのかさっぱりだけど 唯一の自慢は、スバラシイ自然 だろうな。で、自然が残っているのがスバラシイのではなくて その保全に関わっていられる地域とその中にいる自分かな なーんて思う(自分がスバラシイのではなくて そうした地域があって その中に自分があり誇れる自然がそこにある ということがスバラシイのだ) 

| | コメント (0)

土砂災害情報:2月1日~

 2008年2月1日から東京都と気象庁は、土砂災害情報を発表することとなった。住民の自主避難の判断等として利用することができるようになる。

土砂災害警戒情報とは、大雨により避難行動が必要な土石流や集中的に発生するがけ崩れの危険性が高まったと判断したときに東京都と気象庁が協同で発表する防災情報。

2008110802

| | コメント (0)

カテゴリの追加・削除

 つぶやき・独り言 生物季節観測 自然・環境・保護・とりくみのカテゴリを削除。代わって(?)地域 専門家 というカテゴリを追加した。

 つぶやき・ぼやきの類は、説明するまでもないが 生物季節観測については、さまざまな事情により公開しないこととなった。自然・環境・保護・とりくみについては、問題提起を引き起こすさい いろいろな関係要因が横断的(横断的になることが必ずしも悪いわけではない)になりがちで本質的な部分が見過ごされてしまう恐れがあってこれを削除、これに代わる提起の枠として地域と専門家という2つの新しいカテゴリを追加した。

 地域での記事取り上げ内容の概要は、集落内でおきたイベント関係(但し 従来のお祭りとか●●大会というようなイベントという意味ではない)

 専門家というのは、専門家(ある特定の分野に突出した能力を有するヒト もしくは、集団)に関わるイベント関係の記事 たとえば、島内で開催される(もしくは、開催された)講演会や現地視察とかそうしたもの。

 今後 専門家もしくは、専門家集団が地域とどのように付き合うかまたは、付き合っていくのかが焦点になること間違いないと思う。従来のような個別・単発的な専門家からの発言による揺らぎ又は、振動が地域に悪影響を及ぼさないための工夫とでも書いておく。

| | コメント (0)

漏斗雲

 2008年1月9日 13時30分頃 小笠原諸島母島で漏斗雲を観測

20080109_1331_

| | コメント (0)

小笠原諸島で調査研究をされる方へ:お願い

 調査研究を実施する際の自然環境への配慮や研究者間の連絡調整の必要性が生じています。このため 事前に関係行政機関へご相談していただき、必要に応じて調査員用の腕章の貸与や調査承諾書などの発行を行うこととしています。

 ご面倒ですが 小笠原諸島において法令や制度に関係する調査研究を実施する際には、事前に当局へご相談くださいますようお願いします。

環境省小笠原自然保護管事務所 04998-2-7114:自然公園法 種の保存法 鳥獣保護法 外来生物法 自然再生や世界自然遺産、エコツーリズムに関する事項

小笠原総合事務所国有林課 04998-2-2103:国有林内での調査 森林法 種の保存法 保護林制度

小笠原支庁産業課産業係 04998-2-2122:森林法 鳥獣保護法

小笠原支庁土木課自然公園係 04998-2-2123:自然公園法 南島・母島石門一帯に関する事項

小笠原村教育委員会 04998-2-3113:文化財保護法(天然記念物)など

| | コメント (0)

ウォッチング適日

 10分間だけ 目視観察をやってみたんだが うん、この時期としてはなかなか適日かもしれない。ただ 頭数的に安定しない日が多いようで今日が適日でも明日は、ほとんど見られないとかあるような気がするこのごろ。 しばらく簡易測定でもしてみるとするか。

 夕方 再度測定。結果 例年としては、多いようだが まあこんな感じでしょう。という程度。天候などを考慮すれば やはり適日であったことには、変わりがない。

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »