« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

撤去したはずだが

 4個ほど撤去し忘れたトラップがあり 今日撤去をおこなった。

 しかしビックリ!グリーンアノールが捕獲されていないのだ。スバラシイ。

| | トラックバック (0)

植裁は、必要なのだろうか?

 よくある話的に 木を伐採した跡には、苗木を植える というようなことがありがちだけど 果たしてこれは、必要なのだろうか?と最近 疑問に感じている。もっとも杉や檜など特定樹種生産地で伐採後に再び その系統の樹種を生産するために植裁というのは、わかるが 小笠原のように元々の自然に帰すような取り組みを行っている場合 植裁(植林)自体がなにか悪い影響を与えるのかもしれないなどと考える。2007100801

 それに 適切に手を入れれば 何が生えてくるか具体的な答えが出てこないものの 自然林へ移行するために必要と思われる芽生えがあって それを大きくしてやれば天然力だけで元の自然の状態に戻せるような気がするこの頃。

 まあ そんなことを考えているので果たして植裁という行為は、本当に必要なのだろうかと考える。みなさんは、植裁についてどんな風に考えているのだろうか?1

| | トラックバック (0)

2007年第19号台風

 母島での最接近は、10月21日4時10~20分頃だったようです。

| | トラックバック (0)

台風2007年第19号関係

 16時50分ころ雷鳴を観測。雨雲がかなり厚くしっかりしているようだ。

| | トラックバック (0)

植生パトロール

 植生パトロールを行いました。2007101401

 

 

 

 水色のゼッケンは、(財)東京動物園協会からの支援で購入した物です。

2007101402  

 

 

 

 

 この植生パトロールは、小笠原総合事務所国有林課より19小笠原林第2-42号の許可を得ておこなっています。

| | トラックバック (0)

試験栽培地を確保

 地元の人に何度も頼み込み ようやく畑を使わせていただけるようになった。といっても 数年ちかく使われていない 休耕地なので半分雑木林風になっている。嘆いていてもはじまらないので 会員で整備し、以後の除草などの手間を省くため 防草シートを敷くなど準備のため活動をおこなった。2

 はじめは、こんな感じ。オオバナセンダングサとギンネムが繁る林になっていた。

 

 

Photo

 草刈りやギンネム等の除去作業中。

 

 

 Photo_3

 防草シート敷設後。

 

 

 

 今まで 会員宅の空いたスペースに鉢を置かせて頂いたりしていたのですが、なにせ鉢数が増えてきたのでどうにもならなくなり 畑を使わせて頂き 集中管理しようというもの。

| | トラックバック (0)

植生パトロール

 植生パトロールを実施しました。

2007101301

| | トラックバック (0)

緑閃光予測

 緑閃光(グリーンフラッシュ)が発生する時としないときでは、日没前から太陽光線に若干の違いがあるようだ(観測データが少ないので これだけでは、白黒つけられないが かな~り貴重なデータを採取できた) 夕方のある時間に特殊な機器を使って太陽光線の成分を観測すれば 緑閃光になるかどうか ある程度予測可能になる日が来るかもしれない。但し、気象条件その他の要因によって 日没そのものが観測できない場合があるので注意が必要。

| | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »