« 最接近は、15時頃 | トップページ | 日没を詳しく観察してみると »

2007年第9号台風:通過

 昨年14・18号台風以来の大風に見舞われたわけですが 倒れたり・折れたりした木の種類と太さを見て回ったりと 仕事が終わってから日没のまでの短時間であるがいろいろ忙しかった。モモタマナに比較的被害が集中していたような印象をうけたなぁ なんでだろ?

 父島では、最接近後に40メートル近い風速を記録したとかいろいろありました台風9号ですが 母島ではどうだったのか気になるところ。Photo

 

 

 

 

 

強風域らしい風が吹いた という感じでしょうか。最接近を迎える前に 風向が若干 東南東方向へ変化(父島でも似たようなことが起きていたらしい) そのご再び北東へ戻り 最接近し 吹き返しの南西寄りの風が吹いたようだ。

 不思議なもので 最接近を迎える一歩手前で風向が変化するのは、今回が初めてでないらしい。昨年の14号台風でも若干の変化があったようで その変化の時にいろいろ発生するような気がする。地勢的なもんだいなのだろうか?(謎)

|

« 最接近は、15時頃 | トップページ | 日没を詳しく観察してみると »

気象観測班」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145355/16351742

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年第9号台風:通過:

« 最接近は、15時頃 | トップページ | 日没を詳しく観察してみると »