« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

秋空:夕焼け

Dvc00003  先日 携帯をFOMAへ変更しました。なもんで 携帯経由で直接ブログに投稿できるようになったものの 文章を書くのは、やっぱりPCのほうが楽なので 現場からの投稿を見送った。

 ここのところ秋の雲が広がっています。時間帯にもよるようですが 高積雲や巻積雲の類のようです 夏の間は、あまりこうした種類の雲を観察できませんでしたが この時期になるとこうしたくもを頻繁に見掛けることができるようになるようです。

 この画像を撮影して夕日がもう少し沈む頃 明るいオレンジ色の光が小さな雲のかたまりを照らして なんともいえないすてきな夕焼けとなったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤロード:節の間隔

 2006052002 ヤロードという樹木があるのですが この幹の節を見てちょっと思った。

幹には、大きな節と小さな節の2種類があるようで 小さな節は、枝葉がついていた痕跡と思われ 大きな節は、幹より伸びた枝の痕跡のように思われる。2006102804

大きな節を水色の矢印 小さな節を赤色の矢印で示した。

 少し 上を見上げるとその節のでき方が分かるわけですが 大きな節と節の間隔が若干若しくは、大きな差がある場合があるようだ(間隔の大小の差)。

2006102803

大きな節を赤色矢印で示した。

 これは、何を意味するものなのか? 思いつくのは、大きな節が毎年ある一定の時期になると形成されるのであれば 大きな節と節の間隔は、その年の成長量を表すのかもしれない(推測)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサギマダラ:視認

 2006年10月27日 夕方 アサギマダラ1頭を視認した。

 このあいだ内地で虫取り網(トンボ用)を購入してきたので スウィングの練習も兼ねて捕獲してみるかな。

2005110508

昨年11月頃撮影のアサギマダラ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19:32頃 縦揺れ:地震:小笠原諸島母島

 19時32分頃 縦揺れの地震を感じた。

 はじめ突き上げられるような縦揺れを感じ すぐさま間をおかずに横揺れを感じた。震源が近いところにあるような感じがした。

 平成18年10月27日19時37分 気象庁地震火山部 発表によると 震源は、父島近海。地震の規模は、マグニチュード4.3(推定) 父島の震度は、1。津波の心配なし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カツオドリ:飛行中:おがさわら丸船上

 今日は、インフルエンザの予防接種を受けてきました。自然系活動あれこれを行っている場合は、破傷風の予防接種も受けておいたほうがいいのだろうか?と最近思う。

 10月25日 おがさわら丸船上から撮影したカツオドリ。いや、格別珍しい鳥ではない(小笠原では)が撮影した というのも陸でのんびり獲物を待ちかまえている姿や 営巣中などのいわば 固定シーンは、方々にあるけどなかなか 飛行中となるとあまり見受けられないような気がしたから 大きな動物園といえども大型海鳥の飛行中のそれとなると簡単には、見られまい。という視点で考えると 何となく乗り合わせているおがさわら丸(ははじま丸)って すんごいモノが見られているんだなと実感できると思う。2006102502_1

 というか母島(周辺海域を含む)を1つの動物園として描くことは、できないのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミナミハンドウイルカ:6-8頭

 10月25日 父島発12時30分のははじま丸船上で 13時05分頃ミナミハンドウイルカ6~8頭程度の群と遭遇した。 位置的には、父島の南西にあたるのかな。

2006102501_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

売却:フォルタン式水銀気圧計:気象庁

 気象庁でフォルタン式水銀気圧計の売却があるようです。

 いまでもあるのかな?学校の理科室なんかでよくみかけたようなモノ インテリアにいいかもしれない。 水銀が使われているのでその管理等に一定の条件があるものの 興味がある方は、気象庁にアクセスしてみてはいかがだろう。

詳しくは、http://www.kishou.go.jp/info/fortin2.pdf ←こちら

 ちなみに僕は、電気式?の気圧計を使用しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »