« ウラナミシジミ:2頭死亡 | トップページ | 雷鳴を観測 »

アカギ材:乾燥条件

 実をいうと先日の乾燥結果のほかに6つほど試験片があって 今回は、そのうち3つの試験片についてのお話。

 日向・日陰・低温という3種類の条件で乾燥させている原木。もっとも乾燥終点まで早かったのが日向に晒しておいたモノでした。その次に日陰になりつつある状況なんですが これでも 日向ほどではないにしてもややヒビが入ったり歪みがでたり 日焼けをしてしまったりと あまり乾燥という視点でみるとよろしくないようだ。

 問題は、低温状態の試験片。薄暗くほぼ定温の低温(?)でじっくり乾燥 時間は、かかっていますが 僕の観測によるとのこり1週間程度で乾燥終点まで持っていけるような気がします。んで、この方法がヒビや歪み 色の変色がもっとも少ない。 ただ、大きな原木となると低温乾燥法(と呼ぶ)ではいろいろな事情で無理なのでもっと簡単に乾燥できるような方法がなるのかな(?)といろいろ試している。

|

« ウラナミシジミ:2頭死亡 | トップページ | 雷鳴を観測 »

陸上班」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145355/11558409

この記事へのトラックバック一覧です: アカギ材:乾燥条件:

« ウラナミシジミ:2頭死亡 | トップページ | 雷鳴を観測 »