« 雷鳴を観測 | トップページ | アカギ材:低温乾燥 »

夕日はやっぱり:村道静沢線

 新夕日丘も夕日の名所ですが アカギをはじめとする木々に視界をふさがれその名所の機能を失っている。集落からも近く、シーズン中はザトウクジラ、マッコウクジラ、ハシナガイルカ、ミナミハンドウイルカなどもウォッチングできる 村道静沢線からの夕日は、最高!

2006083001

グリーンフラッシュ(緑閃光)こそ 観測できませんでしたが 太陽が水平線に沈んでいきました。

※定かではないものの 気圧が高い方がグリーンフラッシュを観測する頻度が大きいという話しを以前どこかで聞いたことがあるようなないような気がする。ゆえに、新夕日丘の標高約150メートル 静沢線の標高約100メートルなので同一気象条件なら より標高の低いところで観測を行った方が良いのかもしれない。

|

« 雷鳴を観測 | トップページ | アカギ材:低温乾燥 »

気象観測班」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145355/11685015

この記事へのトラックバック一覧です: 夕日はやっぱり:村道静沢線:

« 雷鳴を観測 | トップページ | アカギ材:低温乾燥 »