遊歩道の整備は自然公園外

自然公園内(世界自然遺産登録範囲内)の自然は貴重だよって看板ありますよね、んで立ち入ることのリスクについても表示されているわけです。んでね、まぁそういうところは使うのやめましょうって話なんですわ。
 ですので今後 遊歩道の整備等行うのであれば自然公園外でおこなうというもの。なお 自然公園外の自然はかなり劣化が激しいのでその点でも整備が必要であることは言うまでもない。
2016.11.17 植村和彦

画像は参考
2016111701

|

いい加減にしたらどうなんだよ

自然環境系事業とか
空港建設の話とか
農業振興の話とか
最近では、脇浜のステージ工事とか
どこから誰が話持ってきているのかとか いい加減気が付いたらどーなんだ? どこまで節穴なんだお前たちの目は?
島(村)内の連中 なんも分かっていないんだよね。
全部 植村和彦が話をもってきているんじゃないのか、黙っていれば分からないだろうなんて勘違いすんなよいい加減に

|

2016年10月 活動実績

2016年10月 活動実績
母島生物多様性保全管理センター
Hbcmc201610

|

2016.10.14 蝶の保全のため 植生管理

2016.10.14
蝶の保全のため 植生管理をおこないました
また9月活動実績も添付
2016101401Hbcmc201609

|

新しい自然再生事業の枠組み

新しい自然再生事業の枠組みが必要

 空港建設を反対している人たちの意見としては、
野生動物がー
とか
世界遺産返上がー
とかの意見があるようですが、植村和彦が考えるには国立公園外地域で自然再生事業の枠組みを講ずることが重要であると思われる。当然ながら枠組みができるまでとできてからお金が流れてくるまでの間はボランティアであることを忘れずに。

|

«妻 明日香と嵐斗(らんと)です